ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
協会の概要
 理事長  杉村 正男
 副理事長 内田 正志
 副理事長  賴田 浩志
事務局長  内田 正志
事務局次長 
 事務所所在地
 所在地 〒683-0826 鳥取県米子市西町133-1
               鳥取県立米子艇庫内
連絡先 
 電話 0859-21-2257
 FAX 0859-21-2258
 http://yonagoboat.g1.xrea.com/
 E-mail: yonago_boat_475@yahoo.co.jp




  米子ボート協会の会員を募集しています。入会ご希望の方は入会申し込み書に
   ご記入の上、事務局まで郵送・E-mail又は直接お申し込みください。

   事務局:内田 正志 宛
        〒683-0826
        鳥取県米子市西町133-1
        鳥取県立米子艇庫内
        電話 0859-21-2257
        FAX 0859-21-2258
        E-mail: yonago_boat_475@yahoo.co.jp


 *入会申し込み書 ← クリックして下さい。

 *会員は、米子市営艇庫に収容されているボート、器具等をいつでもご利用頂けます。
  (米子市営艇庫は、出山側に近い艇庫です。)
  ただし、米子ボート協会が主催、主管する大会等の行事催行時を除きます。


  定款
 定款はこちらです。 ← クリックして下さい。

  年間スポンサー
 年間スポンサー契約について。 ← クリックして下さい。

  定期総会資料
 平成30年度(第14回)定期総会資料  ← クリックして下さい。

  収支決算報告
 平成30年度収支決算貸借対照表  ← クリックして下さい。 


  錦海ボートコース航行ルール

 【練習時の注意事項】
 1 日没後から日の出前の時間、白波(波頭が白くなっている状態)または風速
   6m以 上の風の時は、出艇しない。
   常に波、風(特に春先などの突風)など天候に留意し、無理な出艇はしない。
 2 乗艇時には、救命具を着用または艇内に装備し、落水等による事故を防止
   すること。
 3 練習水域は、護岸、コース付近とし、岸より200m以上離れない。
   (錦海ボートコース航行ルール図を参照)
 4 乗艇中は、コックスだけでなくクルー全員が周囲の状況に注意を払うこと。
   (特に力漕する前)
 5 この水域では、漁船、遊覧船、ヨット等も航行することから、海上航行規則に
   より右側航行を原則とし、すれ違う時は右側に避けること。
 6 後方から艇が接近してきた場合は、前を漕いでいる艇は速やかに右側に避け
   進路を譲ること。
   進路を譲ることができない場合は、接近してきた艇に対し前方に艇がいることを
   大声で知らせ衝突を防ぐこと。
   コースに進入または、コースから退去するため、コースを横断する場合は、
   コースを漕ぐ艇に注意し、速やかにコースを直角に横断すること。
 7 桟橋付近では、ノーワーク漕またはペア漕等の低速で漕ぐこと。
 8 万一ボートが浸水または転覆しても決してボートから離れず、救助を待つこと。
 9 事故を目撃した者は、直ぐに陸上又はモーターボート上の指導者に知らせる
   こと。
 10 指導者は、万一のトラブルなどに対処できるように陸上又は海上で監視し、
    拡声器又は放送設備を準備すること。



 航行ルールのダウンロードはこちらから ← クリックして下さい。

フッターイメージ