本文へジャンプヘッダーイメージ
最新の大会結果


  第24回鳥取県マシーンローイング大会(米子会場)を行いました。

 実施日:令和2年1月25日(土)
 主催:鳥取県ボート協会
 会場:米子会場 米子市西町湊山公園内 県立米子艇庫2F

  ボート選手52名の参加があり、マシンローイング大会を開催しました。



 大会結果の様子はこちらです。 ← クリックして下さい。

  令和2年初漕を行いました。

 実施日:令和2年年1月2日(火)10時~
 会場:県立米子艇庫前~錦海ボートコース
 主催:鳥取県ボート協会


  天候に恵まれたこの日、鳥取県米子市の湊山公園横にある県立米子艇庫前
 には約150名の関係者が集まり、初漕ぎ会を開催しました。

 ①黙祷
  1年間の安全を祈願し、参加者全員で中海の錦海ボートコース方向を向き
  黙祷を行いました。

 ②祝辞
  鳥取県ボート協会副会長 兼 米子ボート協会理事長
   杉村正男様

 「冨田千愛選手(米子東高出身)の世界選手権銀メダルなど2019年の鳥取県
 関係者の活躍を紹介、2020年東京五輪ボート競技に鳥取県関係者の出場に
 期待」など祝辞を頂きました。

  米子ボート協会名誉会長
   矢倉強様
 「2019年は着実に前進した年、2020年は東京五輪にて錦海で育った選手たち
  が活躍する年に」など祝辞を頂きました。

 ③決意表明
  米子東高校ボート部主将の吉岡大将選手より選手を代表して、「この錦海
 で選手一人一人が高い目標を持ってボート競技を盛り上げたい。」など決意
 表明を述べて頂きました。

  NTT東日本の古田直輝選手(米子工高出身)より「目標としていた2020年東京
 五輪に向けて代表候補合宿を頑張っている。応援をお願いしたい。」など
 今年の抱負を述べて頂きました。

 ④初漕
  天候に恵まれ、海上にて初漕ぎを行うことが出来ました。

 初漕ぎの後は毎年恒例となりました豚汁を参加者全員で美味しく頂き、初漕
 ぎ会を終了しました。

 初漕の写真集は、こちらでご覧下さい。 ← クリックして下さい。




  2019全国マシンローイング大会中国地区大会を行いました。

 実施日:令和元年年12月22日(土)11:00~
 主催:鳥取県ボート協会
 会場:会場 米子コンベンションセンター

 今年は米子の地で中国地区大会(A大会)を開催しました。

  中国各地より小学生・中学生・高校生・大学生・社会人のボート選手の皆
 さんが約160名集まり、日頃の練習の成果を競ってました。

  各カテゴリーの上位3位までが入賞者で、表彰されました。



 大会結果の様子はこちらです。 ← クリックして下さい。

 大会結果(男子)の詳細はこちらです。← クリックして下さい。

 大会結果(女子)の詳細はこちらです。← クリックして下さい。


フッターイメージ